男性芸人

ロバート秋山の父親の焼きカレー店はどこ?元々は海賊船の外観だった?

お笑いトリオ「ロバート」の秋山竜次さん、

父親は焼きカレーの店を経営しているようです。

そのお店はどこでしょうか?

またメニューや値段、口コミも気になるところです。

では、秋山さんの父の店を調査していきます。

スポンサーリンク



ロバート秋山の父親の焼きカレー店はどこ?

ロバート秋山の父親の焼きカレー画像引用元:Twitter

ロバート秋山のプロフィール

まずはロバート秋山さんのプロフィールのおさらいです。

  • 本名:秋山竜次(あきやま りゅうじ)
  • 誕生日:1978年8月15日生まれ
  • 出身:福岡県北九州市門司区
  • 学歴:福岡県立門司北高等学校卒業、NSC東京校4期
  • お笑いトリオ・ロバートのメンバー
  • 立ち位置:中央
  • 所属:吉本興業所属のお笑いタレント

「ロバート」の馬場裕之さんとは、幼稚園から高校までの同級生です。

秋山さんは高校卒業後に上京し、面接で不採用にでしたが、

偶然見つけたNSC東京校4期の広告を見て、馬場さんを呼び寄せて一緒に入学しました。

 

同期の板倉俊之さんとトリオ「ゼナイル」を組んでいましたが、

板倉さんがボケ志望だったため解散し、

ピンで活動していたツッコミ担当の山本博さんを誘って、

1998年に「ロバート」を結成。

ロバート秋山の父親の焼きカレー

ロバート秋山の父親の焼きカレー店はどこ?

秋山さんは3人兄弟の長男で、

次男・力也さん、三男・健三さんは

門司港駅前でハンバーガーのお店「ハングリーズ」を経営しています。

 

一方、父親はヤクザ映画の切られ役などをした元俳優でした。

ロバート秋山の父親の焼きカレー画像引用元:Twitter

そんな父親・秋山幸重さんは焼きカレー店を経営しており、

店の名前は、「ファンキータイガー・アジト」。

場所は北九州市門司区港町3にあります。

   

ロバート秋山の父親の焼きカレー画像引用元:Twitter
  • 北九州市門司区港町3-14
  • 093-321-3636
  • 11:30~21:00(L.O.20:00)
  • 水曜日定休

父・秋山幸重さんはもともと、

門司港近くの船溜まりに停泊する船上レストラン「ファンキータイガー

を2018年9月まで営業していました。

 

その店を閉店して、代わりに同年12月23日、

門司港にオープンしたステーキ・ハンバーグ・カレーのお店が

ファンキータイガー・アジト」です。

ロバート秋山の父親の焼きカレー

ロバート秋山の父親・秋重さんが店主で、

新しい店舗は、子供のころからあった

築60年の2軒長屋を改修し店舗にしたそうです。

 

配電盤の設置などの電気工事の一部を除いて、

住居の解体、給排水の設備、キッチンの据え付けなどの内外装工事を

父・秋山幸重さんと店長のかわちゃん(川口豊明さん)が2人で行ったのだとか!

 

焼きカレー店「ファンキータイガー・アジト」の店舗面積は

約30坪、席数は30席あります。

焼きカレーは門司港発祥の美味しい名物グルメで、

お店によりバリエーションが豊富です。

スポンサーリンク



ロバート秋山の父親の店は元々は海賊船の外観だった?

先程も少し触れましたが、

ロバート秋山さんの父親の店は、

元々は門司港の船だまりに浮かぶ船上レストラン「ファンキータイガー」でした。

ロバート秋山の父親の焼きカレー画像引用元:Twitter

海賊船の外観をしていて、2018年9月30日に閉店しました。

船上レストランは、父親・秋山幸重さんが

約130フィート、定員158人の遊覧船を借り受け、

海賊船をイメージして改修し、2013年6月に開店したものです。

 

なかなかない、面白い発想ですよね。

実は秋山幸重さんは東映の大部屋俳優として20代を過ごし、

30代になって一念発起し、新しい事業を模索するためアメリカを放浪

 

農機具の輸出入業、サイパンでのリムジンサービスなどを経験して帰国し、

アメリカ車などの輸入事業を手掛けたそうです。

 

船上レストラン「ファンキータイガー」は

北米生活で得たレシピをもとにしたハンバーグ料理や焼きカレーを提供し、

ロバート秋山さんの人気もあり、

人気店として5年間で30万人を超える来店者があったのだとか。

 

人気だったのに、どうして店舗をリニューアルしたのでしょうか?

実は秋山幸重さんの船上レストランは、停泊期間が長く、

老朽化が進んだため閉店と共に廃船が決まっていたそうです。

ロバート秋山の父親の焼きカレー

秋山幸重さんは船を見つめて、

「俺が老朽化したわけではない。人生は旅芝居。いいことも悪いこともあるが、人生の終着駅まで、ファンキーなライフスタルで走り続ける」

と熱く語っています。

 

そして、2018年12月23日に、

海賊船の近くの門司区港町に

焼きカレーとハンバーグの「ファンキータイガー・アジト」を開店しました。

スポンサーリンク



ロバート秋山の父の店のメニューや値段は?口コミは?

ロバート秋山の父親の焼きカレー

ロバート秋山の父の店のメニューや値段は?

ロバート秋山さんの父親の店「ファンキータイガー・アジト」は、

前店の海賊船から受け継いだものや廃材をペイントして

仕上げた内装インテリアの空間になっています。

ロバート秋山の父親の焼きカレー画像引用元:トリップアドバイザー

店内には2人掛けのテーブル8席と4人掛けのテーブル2席、

6人掛けの半個室1つがあります。

カップル、家族連れ、おひとりさま、お友達などの、

あらゆるニーズに対応しています。

 

ファンキータイガー・アジト」おすすめの料理は

ハンバーグIN焼きカレー」サラダ付きが、1500円です。

お店自慢のハンバーグと焼きカレーを一度に味わえます。

Wチーズは+200円、焼きカレー大盛は+300円です。

 

秋山パパがアジトに潜伏中の限定メニューとして

アメリカンビーフステーキメニュー」の

  • シングル200g(ライス・サラダ付き)2000円
  • ダブル400g(同上)4000円

も人気があります。

ロバート秋山の父親の焼きカレー

また、

焼きカレー980円、ハンバーグ1300などの

定番メニューも充実しています。

 

しかし、上記はお店のメニューと値段は開店時の情報です。

昨今の材料高騰により変動があると思われます。

「ファンキータイガー・アジト」の口コミは?

「テーブル席座って、人気NO1『ハンバーグイン焼きカレー』を注文。焼きカレーはカレーをオーブンで焼いたもの、香ばしいのが特徴」

チーズがトッピングされてコクもアップ。ハンバーグもインされていてボリュームたっぷりでした」

焼きカレー、内部はやや緩めで辛さはCoCo壱2辛くらい、インされているハンバーグもなかなか美味い。」

などと高評価が目立ちます。

門司港へ行く機会があれば、寄ってみたいお店だと思いました。

スポンサーリンク



まとめ

今回はロバート秋山さんの父親の焼きカレーのお店について調べました。

門司港にあり、口コミを見ると高評価が目立ち、人気の高い焼きカレー店だと分かりました。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

ロバート秋山の嫁癌と画像と子供
ロバート秋山の嫁が癌はデマで噂はなぜ?子供は何人で画像やエピソードは?お笑いトリオのロバート・秋山竜次さん。 最近では、なりきり芸の「クリエイターズ・ファイル」が人気ですね。 今回はそんなロバート・...