出雲大社[いづもおおやしろ]

神々が集う場所

旧暦10月、神無月。
出雲の地では「神在月(かみありづき)」と呼ぶ。
全国から集う神々がご縁について話し合う、神代からの特別な時間。

凛とした空気、心が深呼吸する

ここは海からお越しになる神々を迎える場所。
今も人々は出雲の地を訪れる。幻想的な夕日と海に、心を奪われる。

この地に宿る、心

万物に神が宿ると考えた日本人。
この地に暮らす人々の自然を敬い愛する心が深いのは、
出雲大社があるからかもしれない。

出雲の神在月

 全国から神々が集まる神在月。出雲の地で男女の「ご縁」などについて「神議り(かみはかり)」が行われ、これから1年の全ての「ご縁」について話し合われると言われている。
 この時期、出雲大社では、海からおいでになる神々を迎える「神迎祭(かみむかいさい)」、神々が会議をされる「神在祭(かみありさい)」、そして神々をお送りする「神等去出祭(からさでさい)」などの神事が行われる。

 出雲大社をはじめ、佐太(さだ)神社、神魂(かもす)神社、万九千(まんくせん)神社などの神社にも神々がお集まりになり、「神在祭」が執り行われる。

国つ神、大国主大神

 出雲大社の御祭神は「大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)」。
 縁結びの神様として知られ、また、因幡(いなば)のしろうさぎ神話では、うさぎを救った優しい神様として描かれている。

 大国主大神は少名毘古那神(スクナヒコナノカミ)と共に葦原中国(アシハラノナカツクニ)の国づくりを行い、病気やけがを治す技術、温泉なども広めたと言われている。大国主大神の活躍は「古事記」「日本書紀」の中で数多く伝えられている。

所在地/出雲市大社町杵築東195 TEL 0853-53-3100