旧暦10月。
全国から神々が集い、自然、人、もの、あらゆる縁結びについて話し合われる、ご縁の国しまね。
島根では神在月(かみありづき)と呼ぶ。

八百万(やおよろず)の神々―
万物に神の姿を見い出した先人達。その心は、今もこの地に暮らす人々の中に生きている。

日本最古の和歌、神々に捧げた酒などの発祥の地と言われる出雲。

鉱山遺跡としてアジア初の世界遺産 石見銀山遺跡と、石見神楽などの伝統芸能、文学が共に受け継がれる石見。

数億年前からの大地の成り立ちと独自の生態系、その雄大な自然と人々が共に生きる隠岐。

碧い海と山々を望み、四季が織りなす自然に育まれ、悠久の歴史と伝統が今に息づく島根には、自然、人、もの…、誇りうる“本物”が溢れている。

島根には本物がある。

隠岐の島で受け継がれる「隠岐古典相撲」の世界を舞台にした映画「渾身 KON-SHIN」では、最高位である「正三役大関」として、地域の誇り、家族の誇りを背負って挑む主人公を演じました。
隠岐は、人と人はもちろん、人と自然が共に生きる日本人の精神が宿る地だと思います。その魅力を皆さんにもお伝えしていきたいです。

青柳翔(劇団EXILE)

数々受け継がれる石見の伝統のひとつ「石見神楽」をEXILEのパフォーマンスに取り入れ、現代芸能と伝統芸能の融合を表現しました。
石見神楽のように、連綿と受け継がれる伝統・文化・技が生き続ける地には、魂を揺さぶられるほどの力強さを感じます。
そして、日本一の清流が流れる地でもあり、静と動をもつ石見の様々な魅力を沢山の人に伝えたいと思います。

EXILEAKIRA

世界最高の製鉄技術として受け継がれる「たたら吹き」に触れて、古来より伝わる製鉄技術の先に、古(いにしえ)から語り継がれる神話の世界に何か大きな存在を感じました。
縁結びの神様として知られる大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)を祀る出雲大社に代表される、八百万の神々と人との縁が息づく地でもある出雲。
その神秘的な魅力や古代文化のルーツを皆さんにもぜひ知ってもらいたいです。

小林直己(EXILE / 三代目 J Soul Brothers)

島根県出身の映画監督・錦織良成氏の映画「渾身 KON-SHIN」。青柳翔が主演したことがきっかけで二人は出会いました。
次回作「たたら侍」では、今や島根でしか作られない日本刀の材料・玉鋼(たまはがね)を作る「たたら」をテーマに、脈々と受け継がれる人々の想い、伝統の技術が描かれます。
ご縁の国しまねプロモーションでは、本作に出演する青柳翔、AKIRA、小林直己が感じたご縁の国しまねの魅力をお伝えしていきます。

島根の自然や人の優しさに、一発でとりこになった。
島根は本当に魅力的な場所―

EXILEHIRO

映画「渾身」のご縁でHIROさんに島根を大好きになってもらった。
一緒に島根の魅力を伝えていく―

映画監督錦織良成